最初に用意する飼育用品

メダカ副業を始める場合、まずは以下の飼育用品を準備するのがオススメ。他にも必要なモノもあるが、失敗する可能性もあるので、必要になったときに買えばOK。

水槽

30リットル以上の水量に、3ペアくらいの飼育がオススメ。過密飼育による病気の確立がグッと下がる。また、透明な容器にすることで、横からの様子が見れるので、体調不良の予兆をいち早く察知できる。

濾過装置

濾過機能はコレ1個で十分。水草、エビ、貝などは不要。慣れてきたら楽しみとして共棲生物を入れてもOK。

エアレーション

エアレーションは弱すぎると泡が出にくいこともあるので注意。水槽の深さや分岐の数の影響を受ける。とりあえず、30リットル程度ならこれで十分。

水槽を増やしていく計画があるのならば、ハイパワーのタイプが便利。分岐栓を用意すれば、1台で2個以上の水槽にエアレーションを送れる。

ゴムチューブ

濾過装置とエアレーションを繋ぐチューブ。エアーが送れるなら何でもOK。

照明

照明も明るくなればどんなモノでもOK。仕事などでON/OFFの時間管理が出来ないのであれば、タイマータイプがおすすめ。水槽の縁に引っかけるだけなので、サイズには注意。

ヒーター

ヒーターも安いモノでOK。26℃一定の機能があれば、産卵には十分事足りる。稀に隙間にメダカが挟まることがあるので、それだけは厳重注意。シンク用の水きり網などをかぶせて使用する方が安心。

3ペア程度の飼育であれば、これ1個で数ヶ月分はある。すぐに使わない分は冷蔵庫で本館すると長持ちする。

カルキ抜き剤

水道水に入れて混ぜればすぐに使える。

水換えポンプ

プラスティックの簡易的なモノでよい。吸い口がメッシュ構造のモノがオススメ。誤ってメダカを吸い出す心配がない。

Copyright© 続サラ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.