ブラインシュリンプを孵化させる手順と便利な物品

メダカの稚魚を育てる時、生き餌のブラインシュリンプを与えると、生存率をアップさせることができます。ここでは孵化の手順と便利に物品を紹介していきます。

ブラインシュリンプエッグ

ブラインシュリンプは卵の状態で販売されています。お試しでやるなら、20gほどの小さなモノがいいでしょう。

ガッツリやるなら大容量のモノもあります。

孵化容器

どんな容器でも孵化はしますが、孵化率をUPさせたり、回収を簡便にするなら、専用の容器がオススメです。

少量の場合、タッパーに2cmくらいの水を張って、その中に卵を入れるだけでも孵化します。

ブラインシュリンプを孵化させるには塩分が必要です。100円ショップに売っている塩でOKです。

エアレーション

容器に水、塩、卵を入れたら、強めのエアレーションをかけます。

ヒーター

推奨水温は28℃くらいなので、低い時はヒーターで加温したほうが孵化率が向上します。

スポイト

孵化したブラインシュリンプはスポイトで吸い取ります。

茶こし

吸い取ったブラインシュリンプは、目の細かい茶こしで濾しとります。

 

あとは水に混ぜて、スポイトで吸い取って稚魚に与えます。

Copyright© 続サラ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.