メダカの飼い方

メダカはエアレーションポンプなしだと酸素不足で酸欠になるのか?

屋内で楽しめる趣味として、アクアリムが注目を集めています。特にメダカの人気はすごく、熱帯魚と並んで専用コーナーが設置されているのを見かけるようになりました。

メダカは熱帯魚のように飼育に手間がかからず、初心者でも始めやすいのが特徴です。

しかし、いざ飼育を始めてみようと思った時、エアレーションが必要かどうか悩む方が多いようです。初めてであれば、できるだけ簡単にスタートしたい気持ちはよくわかります。

 

そこで今回は、メダカ飼育にエアレーションが必要なのかを解説していきます。

 

結論を先に書きますと、条件によってエアレーションが必要だったり不要だったりします。ちなみに私の場合、全ての水槽でエアレーション(ぶくぶく)を付けています。それでは、詳しくみていきましょう。

エアレーション(ぶくぶく)の目的

まず最初に、エアレーションの目的について説明します。

酸素の供給(酸欠防止)

エアレーションは【飼育水の溶存酸素を増やす】ために設置するモノです。メダカを含め魚は水に溶けている酸素を利用しています。

その酸素の事を溶存酸素というのですが、それが減ってくると水面で口をパクパクさせます。いわゆる酸欠の状態です。

酸欠を防ぐためにエアレーションを使って、水中の酸素を増やします。よく勘違いされるのですが、ぶくぶくから直接酸素を取り込んでいるわけではありません。自然界でぶくぶくしてるところなんて見かけませんよね?

エアレーションを設置する事で、水面がゆらゆらと波打って揺れます。その揺らぎから水中に酸素を取り込んでいるといわれています。

酸素供給の仕組みを理解しておくと、エアレーションが必要かそうでないかがよくわりますので、ここはしっかりと覚えておいてください。

飼育水の濾過

エアレーションの先端には、ロカボーイなどの濾材をセットすることができます。ベアタンク(濾材なし)でも飼育できないわけではありませんが、やはり濾過装置はあったほうがいいです。

濾過装置にも種類があり、投げ込み式(ロカボーイ)や外掛フィルターなどありますが、メダカにはぶくぶくも一緒にできる投げ込み式がおすすめです。

メダカはエアレーションなしでもOK?

さて、メダカとエアレーションの関係性ですが、ここまでの説明でどのように判断できるでしょうか?

屋外飼育の場合

例えば屋外なら、自然の風が吹いており、水面は常にある程度揺らいでいる状態です。また、雨が降れば激しく波打つはずです。つまり・・・

 

溶存酸素という視点からみれば、屋外飼育においてエアレーションは無くても大丈夫と判断することができます。

 

しかし気を付けてほしいのが、水温や飼育密度です。溶存酸素は水温が高くなると少なくなります。炭酸の気が抜けるのと同じです。冷えている方がシュワシュワしますよね?

そのため、夏場は屋外でも酸素不足に陥りがちです。また、水槽の中が藻や水草だらけの場合、夜間は酸素を大量に消費してしまいます。

飼育密度については、1つの水槽の個体数が増えれば、溶存酸素の消費量は増えてしまい、酸欠のリスクが高くなります。

このように、個々の飼育環境によってエアレーションの必要性は変わってきます。逆に考えると、水温の低い冬場や1匹当たりの水量が十分に確保されているなら、エアレーションが無くても飼育することが可能です。

私の経験では、1匹当たり1リットル程度までであれば、エアレーションなしの屋外でも飼育できました。真夏でも水温が上がり過ぎないよう、水槽は日陰に置いておきました。

 

メダカが耐えられる最低・最高水温と季節ごとの屋外飼育の対策

ここ数年、温暖化の影響もあり真夏の気温がすごいことになってきました。帽子は必須、屋外活動は控えるなど、一昔前とはだいぶ環境が違います。 気温上昇は人間以外の生き物にとっても影響が大きい事柄です。屋外で ...

続きを見る

 

屋内飼育の場合

屋内の場合は無風なので、水面が揺らぐことはほぼありません。そのため、エアレーションをしないのであれば、メダカの飼育数を減らして溶存酸素が減りすぎないように注意する必要があります。

1匹当たり3リットルくらいで試したことがありますが、エアレーション無しでも特に問題はありませんでした。

全水槽をエアレーションしている理由

冒頭で書きましたが、私は全ての水槽にエアレーションを供給しています。その理由は酸素供給もありますが、飼育水を濾過する為でもあります。

濾過装置にも色々な種類がありますが、交換や取り外しが簡単なロカボーイを使用しています。外掛けフィルターは水流が強く、メダカの稚魚の飼育には不向きでした。また、1つごとに電源が必要になります。

ロカボーイを使う場合、1つ強力なエアレーション装置があれば、数多くの水槽に空気を送り込むことが可能です。

エアレーションポンプの使い方

初めての方にはエアーレーションポンプの使い方が難しいように感じるかもしれません。私も最初の頃はどのような仕組みになっているのか知りませんでした。

しかし、とても単純な方法で空気を送り出しているので、特に心配する必要はありません。

まず最初にエアーを送り出す装置を用意します。色々なメーカーの商品がありますが、安いモノでも十分機能します。静音、複数向けなど、ご自身の飼育環境に合わせて選びましょう。

続いて、ゴムチューブを用意します。エアレーション装置~水槽までを繋ぐ管となります。

最後にゴムチューブの先端にロカボーイやストーンを接続します。稀にゴムチューブの径が合わない事もあるので、購入時は店員に確認すると安心です。接続方法は、ゴムチューブに差し込むだけなので簡単です。

エアレーション装置、ゴムチューブ、ロカボーイ(またはストーン)を接続したら、あとは電源を入れれば完成です。

複数の水槽にエアーを送る方法

メダカの飼育を始めると、数種類の品種を繁殖させたくなるときがきます。しかし、1水槽ごとにエアレーションを用意するのは費用がかかりますし、コンセントの数も必要になってきます。

そこで、パワーのあるエアレーション装置を1つ用意して、そこから分岐栓を使ってエアーを振り分けると、複数の水槽にエアーを供給する事が可能になります。

ただ、エアーを送る強さは水深の影響も受けるので、ロカボーイなどの投げ込み式フィルターを使用していると分岐できる数は少なくなります。(濾過+酸素供給)

ただのストーンを付けて水面ギリギリに設置すれば、分岐できる数を増やす事も可能です。(酸素供給のみ)

大規模飼育でエアーを送る方法

屋外で数十以上の水槽を使用する場合、エアレーション装置として浄化槽用のブロアーがおすすめです。

ブロアーに塩ビ管を接続して、各水槽まで配管を伸ばしていきます。水槽近くの塩ビ管に電動ドリルで穴を開けて、一方コックをねじ込みます。

一方コックにゴムチューブを接続して、その先端にロカボーイやストーンを差し込めば完成です。

私は20水槽ほどにエアレーションを供給したり、換え水の曝気に使っていますが、パワー的な部分は全く心配ないです。

メダカ屋さんのYouTubeでは、200水槽に供給していると紹介されいました。屋外でたくさんの水槽を扱うのであればブロアーを使用しましょう。

まとめ

以上、メダカはエアレーションポンプなしだと酸素不足で酸欠になるのか?についての解説でした。

まず、エアレーションの仕組みは水面を揺らす事で溶存酸素を増やしている点を理解ましょう。水面が揺れるような環境であれば、エアレーションが無くてもメダカを飼育することができます。

ただし、水温や水槽内の環境によって、溶存酸素の量は変動します。真夏の高水温、藻や水草の繁殖、1リットル1匹以上の過密飼育の場合、エアレーションを考えたほうがいいといえます。

また、エアレーションと濾過装置を組み合わせることで、良い水質を維持する事もできます。これらの理由から、私は全ての水槽にエアーを供給してメダカを飼育しています。

皆さんの飼育環境に合わせて、エアレーション装置の導入を検討してみてください。

-メダカの飼い方

Copyright© 続サラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.