ストックフォト副業

写真ACで稼ぐ4つのコツ|3ヵ月目で月収が1万円を超えたので解説

『写真ACに挑戦してみたい』

『やってるけど換金までのハードルが高すぎる』

このように感じている方に向けて、この記事を書きます。

この記事の執筆時点で、私は3.5ヶ月ほど写真ACに取り組んだところです。月収は余裕で1万円を超えました。もうすぐ月収2万円が見えてくるところです。このまま続けていけば、半年以内に月収3万円も現実的だと感じています。そこで・・・

 

ほとんどの方が稼げずに終わってしまう写真ACについて、実際に稼げるようになった私から4つのコツをお伝えします。

 

最初に答えを言ってしまうと、徹底したリサーチと泥臭い努力をすれば誰でも稼げるようになります。本気で稼ぎたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

写真AC3ヵ月目の結果

論より証拠ということで、まずは上のグラフをご覧ください。写真ACの登録そのものは1年以上前でしたが、本気ではやっておらず収益は月100円未満が続いていました。

2022年9月~マジメに取り組むようになって、3.5ヶ月で3万円ほどの収益化に成功したところです。(写真ACではダウンロードの対価をポイントとして受け取り、それを5,000円単位で換金することができます。)

収益は約13,421円

コチラは2022年11月1日~2022年11月30日までの1ヶ月間のグラフです。本気で取り組むようになってちょうど3ヵ月目で、収益は約13,421円となっています。今現在も収益は増加傾向なので、グラフも上昇曲線を描いています。

ちなみに直近30日間では17,040円となっています。もうすぐ月収2万円ですね。

 

自分で撮った写真が収入になるストックフォト副業は儲かるのか?

「写真を撮って投稿する」 たったコレだけで収益が発生するストックフォト。バイトなどとは違い強制的な時間拘束はなく、空いた時間に自分のペースで取り組めるので、サラリーマンには魅力的な副業といえます。 写 ...

続きを見る

 

ダウンロード数は約4,129枚

3ヵ月目にダウンロードされた写真は4,129枚でした。写真ACの単価は、1枚あたり3円です。【AI素材への利用認証済み】にすると、1枚の単価が3.25円にUPします。

写真投稿数は1,811点

3ヶ月間で投稿した写真は1,811点でした。平均すると毎日20枚くらいの写真を作っていた計算になります。

写真ACで稼ぐコツは4つ

それでは、私が結果を出すまでにやったことを4つ紹介していきます。

マーケットの分析

まず最初にやるのはマーケットの分析です。

写真ACはストックフォトというビジネスになるのですが、それで稼げている人が本当にいるのかを調べます。稼げる人が見つからないのなら手は出しません。

ネットで公開されている情報に、ざっと目を通してみました。そこでわかったことは、ストックフォトで稼げている人はほとんどおらず、さらに高単価な写真ほど収益化は難しいようです。

写真に対して、それなりのクオリティが必要になってくるためだと考えられます。そんな中見つけたのが、コチラのサイトでした。

写真ACで稼ぐためのコツ5つ!毎月換金額にいかない方は必見です

写真ACは毎月どのくらい稼げる副業?【10ヶ月活動して分析してみた】

 

写真ACでの経験を数字でデータ化してあり、挑戦するかどうかの決め手になりました。1,400枚ほど投稿して、クリエイターランキングが30番前後、6ヵ月目の収益は2万円ほどだったそうです。

 

1枚3.25円という超低単価でも、数万円ならちゃんと稼げるようです。

 

この情報をもとにして、実際に写真ACで活動しているクリエイターを調べまくりました。写真ACにはランキング機能というのがあるので、ダウンロード数の多いクリエイターが分かるのです。

そうすると、どんな写真を何枚投稿している人が、いくら稼げているのかがザックリ見えてきます。あとは日々の業務(毎日何枚の写真を作れるか)に落とし込み、費用対効果でトライするかを判断するだけです。

 

仮に、1年後に月3万円稼げるようになりたいとします。その場合、月9,230.77枚(単価3.25円)ダウンロードされる必要があります。つまり毎日307.76枚です。

写真投稿数に対して毎日8%がダウンロードされるなら、合計で3,847点の写真が必要になります。これを365で割れば、1日に投稿しなければならない写真数は10.54枚だとわかり、自分に達成できるか判断できるようになるはずです。

この結果が毎日100枚とかだったら、写真ACには挑戦しなかったと思います。逆算だとわかりにくい人も多いと思うので、日々の業務から計算してみましょう。

 

  1. 毎日10.54枚の写真を投稿する
  2. 1年後には3,847枚になる
  3. 毎日307.76枚DLされる(DL率8%)
  4. 1ヶ月で9,230.77枚のDL
  5. 単価3.25円で30,000円達成

 

マーケットをリサーチすれば、こんな感じの道筋を作ることが可能になります。実際に3ヵ月目の1日あたりのダウンロード数は、写真投稿数に対して7.6%でした。

写真を作れば作るだけスキルはアップするので、上記のプランはかなり現実的といえます。クオリティの高い写真を増やしてDL率を10%まで改善できれば、3,077.6枚の投稿でも月3万円を達成することができます。

とにかく続けること

次に継続することが重要です。

全ての副業に言えることですが、99%の人は続けることができずにやめてしまいます。本業があれば食いっぱぐれるリスクは小さく、副業だとどうしても怠けてしまう人が多いためです。

ブログやYouTubeのようにややハードルが高いメディアはもちろんですが、SNSなど比較的手のかからないツールでさえ、すぐにドロップアウトする人があとを絶ちません。

実際のところ写真ACの登録者は110,000人ほどいますが、毎月換金できているアクティブユーザーは150人くらいだと推測しています。私がデイリーランキング150位くらいのとき、月収5,000円ほどだったというのが根拠です。

 

これは全体の0.136%という、すごく少ない割合になります。継続して写真を投稿している人は、ほんの一握りということです。

 

逆に考えると、ライバルが150人しかいないんだから、続けさえすれば高確率で勝つことができます。アクティブユーザーが10,000人もいたら、その人たちを追い越すのは容易ではありません。

 

継続するためのコツは、やはりマーケットの分析が有効です。闇雲にやって結果が出ないようだと、モチベーションを維持できないのは当たり前の話です。

『これくらいやれば、このくらいの結果が出る』という予想を立てておけば、日々の泥臭い作業も楽しくこなしていけるようになります。昔のRPGのレベル上げみたいなモノですね。

素材を集める

次は素材集めです。

写真ACで効率的に投稿数を増やすには、写真の素材集めがカギとなります。もちろん1枚撮りの風景写真とかでもいいんですけど、それだと枚数を稼いでいくのは難しいです。

例えば、手っ取り早いのが青空の写真です。

無限に撮影できるので良さそうに感じますが、類似する写真は投稿時の審査ではじかれます。詳しくは写真ACのホームページをご覧ください。

写真AC投稿時の注意点

 

そこで、これらの写真を背景として他の素材を組み合わせることで、様々なイメージの合成写真を作っていくわけです。例えばこんな感じ。

これらの合成写真を作るには画像編集ソフトが必要で、私はPhotoshopというアドビ社がが提供するサービスを利用しています。月額1,000円ほどで、支払いも月単位なので、かなり低コストで利用できます。

使い慣れるまでは大変ですが、1~2ヵ月も真剣に取り組めば、このくらいの画像編集は余裕で出来るようになるはずです。

背景、人物、体のパーツ、マークなど、様々な素材を用意してそれらを組み合わせていけば、ネタ切れになったり類似作品で審査落ちするリスクはほぼなくなります。

 

※著作権や肖像権には十分注意してください

 

ストックフォトで稼げない理由|売れる・売れない写真の見分け方

自分で撮影した写真を、気軽に販売できることで有名なストックフォト。写真はデータとしてアップロードするので、人気が出れば放置していても収益が発生し続けます。 ですが、多くのクリエイターは売れない写真ばか ...

続きを見る

 

タグを考える

最後はタグです。

写真ACでは1枚の写真につき、50個のタグを設定することができます。タグとはその写真を表すキーワードのようなものです。

例えば先ほどの写真であれば・・・

『チェックボックス』『リスト』『OK』『タスク』『ToDo』など、様々なイメージの素材として使用することができます。

ダウンロードユーザーは検索窓にキーワードを打ち込んで、自分のイメージと合致する写真を探すわけです。もしタグの設定で『リスト』が無かったら、ユーザーが『リスト』と検索しても、この写真が表示されることはありません。

 

表示されないということは、絶対にダウンロードされません。それはつまり、せっかく写真を投稿しても収益化できないということです。

 

タグの重要性をご理解いただけたでしょうか?もちろん検索表示の順番には色々な条件が複雑に設定されていると思うので、タグを付けたからといって上位に表示されるわけではありません。

ですが、設定しなければ表示すらされないので、タグは真剣に考えてたくさん設定しておきましょう。

注意点として、重複するようなタグは設定しないでください。ユーザーの利便性を損なうリスクがあります。写真ACからユーザーが離れてしまったら、クリエイターも利益を得ることができなくなってしまいます。

タグ付けに関しては写真ACで詳しく解説されているので、そちらを確認して正しく設定していくといいでしょう。

写真 AC の「タグ」の付け方を解説【審査で落ちないように正しく付けよう】

 

月収3万円は手堅い副業

以上、写真ACで稼ぐ4つのコツ|3ヵ月目で月収が1万円を超えたので解説についてでした!

 

ほとんどの人が諦めてしまって稼ぐことができない写真ACですが、コツさえ押さえれば月数万円くらいの収益化はかなり現実的です。4つ紹介したので、最後にまとめておきます。

 

  1. マーケットの分析
  2. とにかく続けること
  3. 素材を集める
  4. タグを考える

 

実際に私は取り組み3ヵ月目で、月収が1万円を超えました。一般的なサラリーマンが本業を3ヵ月頑張っても、基本給が1万円増えることは稀でしょう・・・。それなら集中的にストックフォトに取り組んだ方が、収益化は圧倒的に早いです。

参入者は毎月3,000人くらい増えているので、本気の人は今すぐ始めて先駆者優位を獲得してください。遅くなればなるほど、稼ぐのは難しくなります。

登録は無料だからリスクゼロ|誰でもできるストックフォトの始め方

個人で写真の販売ができるストックフォト。参入のハードルが低く、労働のように時間を拘束されることも少ないので、サラリーマンの副業として注目を集めています。 せっかくの休日、副業のためにバイトに出かけるの ...

続きを見る

 

-ストックフォト副業