Self Investment

自己投資は最大の利益を生む

メダカ副業

メダカの卵が孵化しない時に考えられる3つの原因と対策

せっかくメダカ副業をスタートさせたのに、肝心の卵が孵化しなくてお困りでしょうか?

 

それでしたら、この記事をご覧いただければ解決するはずです。

 

とはいえ、メダカの飼育を始めたばかりの頃は、なかなか卵が孵化しなくて焦るモノです。私もそうでした。ですが、そんな私でもメダカ副業の売上はどんどん伸ばすことができたんです。

本当に稼ぎたい方はぜひ最後まで目を通してください。

メダカの卵が孵化しない3つの要因

早速ですが、メダカの卵が孵化しない3つの要因を紹介します。

 

孵化しない要因

  • 卵が受精していない
  • 卵にカビが生える
  • 水温管理が不適切

 

それぞれについて解説していきます。

①卵が受精していない

一番最初に確認するのは、ちゃんと受精しているかどうかです。卵は受精卵にならなければ、孵化することはありません。

実はオスメスにも相性があったり、オスの生殖機能に不具合があったり、まだ体が成熟していなかったり、ヒレ長やダルマはそもそも生殖行為が物理的に難しかったり、メダカの卵が未授精になる要素は意外にも多くあります。

ペアで飼育しているのに受精卵が採卵できないときは、焦らず様子を見るようにしましょう。もし体が未成熟なだけなら、時間が解決してくれます。

しばらく待っても卵が受精しない時は、ペアを変えると上手くいくことがあります。

リスクヘッジの為にも、メダカ副業を始めるなら数ペアでのスタートが安心です。

 

 

②卵にカビが生える

未授精の卵にはカビが発生してきます。それ自体は水量に対して少量なのでそれほど気にはなりませんが、近くに有精卵があるとカビが感染してしまうこともあります。

有精卵はバリアがしっかりしているのでカビにくいですが、付着糸と一緒にカビ卵がくっついているなら取り除くようにしましょう。

③水温管理が不適切

メダカの卵は水温によって孵化率が変わってきます。かなり古いデータですが、水温と孵化の関係を調べた文献が日本水産学会誌にあります。

 

平均水温 30.0 25.6 21.8 18.2 14.2
平均日数 8.1 10.2 14.5 20.4 40.5
孵化率 47.6 88.9 87.0 84.2 28.6

引用:日本水産学会誌

 

一般的によく言われている【25℃・10日】というデータと、ほぼ一致していますね。しかし、18.2℃の水温でも日数があれば84.2%は孵化するという結果でした。

逆に30℃の水温にすると8.1日で孵化しますが、孵化率は50%を下回っています。水温が15℃を下回ると、孵化率は一気に低下します。

一般的な【25℃・10日】をきっちり守るというよりは、20~25℃くらいでのんびり待つのが良さそうですね。

 

 

まとめ

以上、メダカの卵が孵化しない時に考えられる3つの原因と対策についての解説でした!

 

孵化しない要因

  • 卵が受精していない
  • 卵にカビが生える
  • 水温管理が不適切

 

メダカは卵の販売でも稼ぐことができます。その場合は有精卵が確認できてから孵化するまでの間に、販売➡到着を完了させなければなりません。

 

実はこのスケジュールは意外とタイトです。

 

途中で孵化してしまうと、取引相手とのトラブルにもなりかねません。メダカ副業マニュアルでは、そのあたりの管理方法もまとめてありますので、ぜひご覧ください。

-メダカ副業

Copyright© Self Investment , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.