メダカの飼い方

メダカにゾウリムシはいつまで必要?与え方から量、作り方まで紹介

メダカを飼育していると『ゾウリムシが良い』という話を聞くことが多いです。SNSなどを見ていると、ゾウリムシ培養の投稿もよく見かけます。

私もメダカにゾウリムシを与えていますが、確かに粉餌だけよりも稚魚が死ぬ割合が低くなりました。

 

ですが、ゾウリムシ培養は臭いですし、生餌は管理を怠るとすぐに全滅するのも事実です。

 

そこで今回は、簡単なゾウリムシの培養方法、与える時期、与え方などについて解説していきます。

ちなみに、私は1リットルのペットボトル3本だけで培養しており、毎日稚魚1,000匹ほどに与えています。臭いも出ない培養方法なので、屋内でも全く問題ありません。

ゾウリムシとは?

以下、ウィキペディアからの引用です。

ゾウリムシは、顕微鏡下では草履(ぞうり)のような形に見える繊毛虫の1種 Paramecium caudatum の和名、広義にはゾウリムシ属 (Paramecium) に属する種を指す。

引用:ウィキペディア

・・・難しいことが書いてありますが、メダカ飼育においては【針子でも食べる事が可能な微生物】と理解しておけば十分です。

作り方|ゾウリムシの繁殖・培養

ゾウリムシの作り方はとても簡単で、餌となる培養液に入れて定期的に攪拌すれば増えていきます。ある程度の水温は必要だと思いますので、屋内での繁殖をオススメします。

一般的に餌は酵母を使う事が多いですが、培養液の臭いがきついので趣味レベルでやると家族からのクレームにもなります。

ですが、生茶を使うとニオイを気にすることなく培養できるので、家の中でも問題なく培養することが可能です。それでは餌ごとの培養方法を紹介していきます。

エビオス

エビオスは胃腸・栄養補給薬として販売されておりますが、その主成分はビール酵母です。水1リットルに対して1~2錠くらい入れれば、培養液の完成です。1日1回は攪拌してください。

わかもと

わかもとも同じくビール酵母が入っている錠剤です。エビオスと同様、水1リットルに対して1~2錠くらい入れて培養液とします。コチラも1日1回は攪拌してください。

生茶

私が使用しているのは【KIRINの生茶】です。先に紹介したエビオスやわかもとを使用すると、お尻から出るアレと同じニオイが部屋中に充満します。しかし、生茶はほぼ無臭です。

培養液に鼻を近づけて嗅げば多少の臭いはしますが、普段生活している分には全く気になりません。詳しい培養方法は以下の通りです。

 

  1. 1リットルのペットボトルに水を300mL入れる
  2. そこにゾウリムシの種水を300mL入れる
  3. そこに生茶を200mL入れる
  4. 蓋をしてシェイクする
  5. 蓋を緩めて1日放置する(フタを軽く載せておく)
  6. 1日経ったらフタを閉めてシェイクする(あとは繰り返し)

 

最初に入れる種水の量にもよりますが、培養5日くらいでかなりの増えてきます。その後は3日くらいで半分ほど与えてしまうので、残りは次の種水として利用します。

これを3本のペットボトルでまわすと、常に大量繁殖したゾウリムシを供給することが可能です。

メダカへのゾウリムシの与え方

それでは、メダカへの与え方について紹介していきます。

いつから与えるのか?

ゾウリムシが効果的なのは、メダカが針子の時です。針子は口が小さく餌を食べるのが下手なので、餓死する割合が最も高い時期です。

ですが、ゾウリムシのサイズであれば、針子も食べる事ができます。そのため、卵が孵化したらその日から与えるようにしましょう。

 

メダカの死因10個と対策|死なないように長生きさせる方法

大切に育てていたメダカが、ある日急に死んでしまった事はありませんか?メダカの飼育は簡単ですが、死んでしまう原因は意外にも多々あります。 ですが、死因を事前に把握しておけば、メダカを死なせず長生きさせる ...

続きを見る

 

いつまで与えるのか?メダカの成魚にも与えるのか?

いつまで与えても食べるとは思いますが、成魚サイズまで成長したメダカにとっては餌として小さいです。成魚サイズに生餌を与えるなら、ミジンコの方が効率的に量を食べる事ができます。

なので、私は1cm程度の稚魚になるまでゾウリムシを与え、それ以降はブラインシュリンプ→ミジンコと、生餌の種類を切り替えています。

どうやって与えるのか?分離は必要?

ペットボトルで培養していると、ゾウリムシは水面近くに集まって泳いでいます。それをスポイトで吸い取り、針子水槽に直接まいて与えます。

ただし、ゾウリムシの培養液は、メダカにとって良くありません。コーヒーフィルターなどでの分離がベストだとは思いますが、手間なのでそこまではしていません。

1回あたりに与える量は?頻度は?

1回あたりに与える量は、飼育水15Lに対してゾウリムシ溶液30mLほどです。これを1日1回与えています。もちろん粉餌も与えています。

具体的には、あさイチで粉餌→出勤前にゾウリムシ溶液→帰宅してから粉餌の順で与えています。生餌はすぐには死なないので、日中でもゾウリムシを食べる事ができます。

先にも書きましたが、培養液はメダカに良くないので、影響が出ない程度に与えるようにしてください。上記の量と頻度であれば、問題なくメダカは成長しています。

 

季節・サイズ・目的別|メダカに餌を与える頻度と注意点

屋外でメダカを育てていると、自然の影響を大きく受けます。特に水温には注意が必要で、変化に合わせて餌の量や回数を調整しなければなりません。 また、メダカの大きさは針子~稚魚~成魚で何倍も変わってくるので ...

続きを見る

 

ミジンコで代用は出来ないのか?

ゾウリムシを与える対象は針子です。そのため、ミジンコではサイズが大きすぎて代用する事はできません。

まとめ

以上、メダカにゾウリムシはいつまで必要?与え方から量、作り方まで紹介についての解説でした。

メダカはいつまででもゾウリムシを食べると思いますが、効果的なのは口が小さい針子~稚魚のサイズまでです。

粉餌だけと比べて餓死する確率が下がるので、より多くのメダカを成魚まで育てる事ができます。

ただし、培養液はメダカに良くないので、与える量は少量にしてください。通常の粉餌にプラスアルファで与えるのが良いでしょう。

-メダカの飼い方

Copyright© 続サラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.